コスト削減に繋がる方法|データ復旧サービスの利用フロー|リスクを生まない心構えが大切

データ復旧サービスの利用フロー|リスクを生まない心構えが大切

PC
このエントリーをはてなブックマークに追加

コスト削減に繋がる方法

社内

仕事で使用する業務データという情報資産は様々なデバイスに保存することがあります。最も多く活用されているのがハードディスクと呼称されるパーツで、近年はケーブルで接続するだけで使用できる外付けのタイプも登場してきました。その他にも消しゴムサイズのメモリーフラッシュや小さいカードタイプの情報メディア、大量のデータを保管できるサーバーパソコンなどが保存できる媒体の代表例です。企業によって使用する媒体は異なっていますが、業務中に不具合を引き起こした場合は速やかに外部の専門業者へと復旧依頼をする必要性があります。ですが、データの復旧を請け負っている業者は製品本体の修理までは対応することができないのです。
その為、データの復旧は実現できても新しく保存するための製品を再度導入することがあります。このような問題を解決できるのが製品の製造とデータ復旧の両方に対応したメーカーサービスなのです。記録媒体の製造ノウハウを活用して作業を進めていくので非常に高い復旧率を誇っています。データと同時に製品を直すことができれば、新しい保存媒体を購入し直す必要もないので、企業内部でのコスト削減にも繋がります。また、衝撃や落下などの物理的破損だけでなく、人の手による誤消去や誤った初期化などにも対応することが可能となっています。落雷などに伴うデータ消失にも対応できる可能性があるので、1度は相談してみましょう。最初の問い合あせはweb上やフリーダイヤルから行なうことが可能です。